HattoriProcessGroup

可変印刷(宛名印字)・郵便区分け(バルク)・メールプラス

みなさまご存じのように2,000枚以上の郵便物を発送するときは「郵便区分け」通称「バルク」を行うことによって郵便料金の割引を受けることができます。服部プロセスグループでは、可変印刷、宛名印字はもちろんこのバルクも独自のシステムを開発。短時間、少人数(1人)で、宛名印字と同時にバルクを行うことを可能にしました。
また、国税調査結果から性別・年齢・家族層の地域分布がわかる「テラマップ」を使用して、お客様のニーズにあわせた地域へピンポイントでのダイレクトメール発信のできるメールプラスの提案も行っています。