HattoriProcessGroup

ゲートウェイ戦略・LPO

見込み客を獲得できるホームページ

どれを読めばいいの?:情報の海に埋もれる“伝えたい情報”/イメージ図

膨大な数のホームページが存在するなかで、競合を制して検索エンジンや検索広告で上位表示させることは難しく、自社サイトへの見込み客のアクセスを獲得するのは困難です。

それぞれのニーズに特化したアプローチがあれば、見込み客に届きやすい/イメージ図

そこで、自社の強みや情報提供などから組み合わせた「範囲の狭い」キーワード(=競合が少ない)でニッチを狙うサイトを、網羅的な本サイトとは別にサテライトサイトとして作り、そこで獲得した見込み客を本サイトに導きます。こうした入口サイトを複数展開することを、ゲートウェイ戦略と称しています。

訪問ユーザーを逃さないLPO対策

読みたい人に読みたい内容をスッキリお届け/イメージ図

訪問ユーザーの動機や目的にページを合致させることで、ページからの離脱率を抑え、コンバージョン率(最終成果率)の上昇につなげる手法をLPO(Landing Page Optimization=ランディングページ最適化)と呼びます。

魅力的な情報構造ならば見込み客が自然と集まる/イメージ図

サテライトサイト群と本サイト内のLPOを工夫することで、本サイトだけの場合よりはるかに幅広い層の見込み客のアクセスを獲得することができます。
また、ニーズ別に特化されたページに、関心の高い情報を、ストーリー性を持って分かりやすい表現で書くことで、最後まで読んでもらえる確率が高くなります。

さらに、PPC広告やサイト分析と組み合わせることで、集客数を増やし、継続的なページの改善を行うことができます。服部プロセスグループでは、それらの代行も行います。

LPOの実績/イメージ写真

制作実績へ