HattoriProcessGroup

デジタル検版

デジタル検版イメージ

下版前の最も緊張する作業、検版は訂正箇所の記入された訂正をし、そしてその確認は人の目・記憶だけが頼りのアナログな作業でした。

しかし今は直近のデータと訂正後のデータを比較解析、それを一目でわかるようにプリントアウト。今まで常にヒューマンエラーとの隣り合わせの不安がありましたがデジタル検版の導入で安心が得られます。

訂正結果はもちろん、うっかりミスもひと目でチェック

デジタル検版実例

訂正前・訂正後の各データを透過状態で重ね合わせ、抽出された相違個所が枠線で囲まれたデータがプリントアウトされます。
その差分を肉眼で確認することで、作業時間の短縮と、チェック漏れのない校正環境を実現しています。