HattoriProcessGroup

カラーマッチング

『色』に絶対の自信。それは、鍛え上げてきた『眼』だからこそ。

お客様にご満足いただくためには、実際に印刷した際に、刷り上がった紙面の色味と印刷前のチェック段階での色味の間で違いが生じていたり、お客様がイメージしている仕上がり色と異なるものが出来上がってしまってはいけません。

受注から仕上げまでの一貫した生産ラインを持つ服部プロセスグループでは、その強みを生かし、営業・制作・印刷の各部門がお客様の色に関する要望等を共有し合います。そして、印刷に至るまでの各作業段階において色に関しての綿密な打ち合わせを行い、お客様が目指す色の実現に取り組んでいます。

また技術的な面については、各作業工程での色の統一化を計るために「カラーマッチング」技術を取り入れ、徹底した色の管理、インクジェットプリンターのカラー調整等をおこなっております。

服部プロセスグループのカラーマッチング作業は、カラー調整用ツール「x-rite i1iO(アイワン・アイオー)」を使って行われます。テスト用のカラーチャートをインクジェット出力したものと印刷したものをそれぞれ用意し、この二つを i1iOが比較検証。調整用のテキストファイルが自動で作成され、インクジェットプリンターのカラー調整が行われます。この作業を数回にわたり繰り返すことで、インクジェット出力と印刷の誤差はほとんど無くなります。

しかしながら、これで完全に誤差が無くなるわけではないのが印刷というものの奥が深いところ、最後に大切な調整が残されています。

最終仕上げのカラー調整ツール…それは『眼』。

高度にデジタル化が進んだ印刷の世界ですが、最後の作業である「紙にインクをのせる」という印刷作業自体まではデジタル化できません。そんなアナログな側面をもっている印刷だからこそ、カラー調整の仕上げは人間の眼が頼りになります。

それは、創業以来の製版業で培ってきた眼、たくさんの色を見分けてきた眼だけが持ち得る特別な技術。私たちの自信です。