ACTION

私たちの取り組み

スピードSpeed

グループの連携力で迅速対応

服部プロセスではグループ企業全体の連携力を存分に活かし、クライアントのご要望に応えます。印刷用紙の在庫、印刷機の稼働率や配送のスケジュールを可視化する仕組みを用いて、管理・調整することで迅速な対応を実現しています。

企画デザインから印刷・加工・納品まで各工程で先進のシステムや設備を整え、正確に効率よく作業できるよう、体制を日々更新しています。

両面同時印刷機のUV印刷運用で印刷時間を短縮

国際規格CIP3準拠「RYOBI 758」は両面同時印刷機(8色機)は、一回の紙通しでフルカラーの両面印刷ができます。表面印刷後の乾燥待ち、用紙の積替えなどの裏面印刷に要する時間的なロスが削減でき、片面4色印刷機で2回通した場合と比較して印刷時間を半分以下にできます。

紫外線と反応して瞬時に硬化するUVインキを使用するため、すぐにその後の加工を行うことができます。瞬時に乾くのでブロッキング、擦れのトラブルが少なく、短納期が可能です。

生産性を飛躍的に高め、短納期の仕事にもフレキシブルに対応できように取り組んでいます。

情報のデータベース化と作業の自動化

制作データを全てを検索可能な状態でデータベース化しているので、過去の制作物からの流用もスムーズです。

紙面の絵柄を確認できるデジタルカタログと連動させ、直感的に操作できるデータベースを構築して制作の効率化を心掛けています。

また、スクリプトを使うことで原稿のエクセルファイルから自動で内容を流し込め、速く正確にテキストを移せます。

あらかじめ決めておいたレイアウトに対してスクリプトを実行することで自動組みも可能。デザイン作業もスピーディに行えます。

ワークフローシステムの活用

FUJIFILMのワークフローシステム「XMF」を活用することによって、登録した制作データから、カラーコピー・インクジェット・CTP等の各出力機へのプリントアウトが可能に。出力機ごとにアプリケーションから出力用データを作成する必要がないので、作業時間の短縮につながります。

XMFの提供サービスであるリモートプルーフシステムは、Web環境で内容の確認、PDFのダウンロード、更新履歴の閲覧、訂正指示の入力が可能です。時刻や場所の制約を受けずスピーディーな確認作業が可能です。

page Top